• 予約優先・西荻窪駅から徒歩3
    03-6454-7090 03-6454-7090 東京都杉並区西荻北3-31-13 勝三ビル102
  • 受付時間

筋膜リリース整体

筋膜は『第2の骨格』

 

筋膜とは筋肉を包む膜ですが、個々の筋肉を包む筋膜と、身体全体の筋肉をつなぐ筋膜に大きく分かれます。

それらの筋膜は互いに干渉し合い、テンセグリティという3次元的なバランスを保っています。そのため、筋膜の一部にひきつれが起きると、離れた体の場所の機能に影響を及ぼすこともあります。

筋膜にひきつれが起きると水分を失い、柔軟性、弾力性を失った硬い繊維となります。

たとえるなら服を着ていて、その服を一部分からギュッと引っ張られたような窮屈な状態。

この窮屈さはその部分の筋膜だけでなく、そこに連結される筋膜の均衡が崩れ、体が歪む原因となります。

家事や仕事、子育てなど度重なる体の負担やストレスにさらされると、悪い姿勢で『筋膜』が形状記憶されてしまいます。
柔軟性を失い癒着した部位は痛みやコリ感、しびれ感を誘発します。

下記の筋膜図は全身に広がる筋膜の代表的なラインです。

 

筋膜図1

  

筋膜図2

 

このように、筋膜は全身をつないでバランスを取っていますので、ひきつれた時には骨格(背骨や骨盤など)・姿勢の歪みを引き起こし、肩・腰の痛みや不快感をひき起こすのです!

 

より効果的な筋膜リリース、『ASTR』

ASTR(アスター)とは筋膜リリースとストレッチングを組み合わせ、より効果的な痛みやコリの改善を出せる最新の手技療法です。

即効性が普通の筋膜リリースよりも優れているので、当院ではASTRを使っての治療を積極的に行っています。

ちなみにASTR はActive Soft Tissue Release(アクティブソフトティシューリリース)の頭文字をとってつけられています。

通常の筋膜リリースは静止状態の筋膜に対して行っていくのですが、このASTR(アスター)はそこからさらに一工夫!関節を動かしながら筋膜をほぐしていきます。

腰痛や肩こり、頭痛やひざ痛など、さまざまな症状に対し有効なのですが、もう一つ通常の筋膜リリースよりも優れている点として、手や足の指など細かい箇所の治療にも非常に効果的。

例えば、ばね指や足の指付近の痛み、五十肩の治療にもASTRが活躍します。

 

院内風景

03-6454-709003-6454-7090
TOP