西荻窪きりん堂鍼灸接骨院・整体院|こりや痛みを解消する整体/マッサージ

西荻窪きりん堂鍼灸接骨院・整体院
各種保険取扱い交通事故対応
診療時間



西荻窪駅徒歩3分 予


鍼灸

鍼 灸

鍼灸とは

このようなお悩みがある方へ

  • 様々な不調を感じ、毎日元気に過ごしづらい。
  • 薬に頼りすぎず、免疫力を上げたい。
  • 長く神経痛や慢性痛で悩まされている。
  • 家事や仕事を辛くなく出来るようにしたい。

悩む女性

自己治癒力を高める

鍼灸とは、鍼(はり)やお灸(きゅう)を使用して本来身体が持つ自己治癒力を高めながら痛みや不調を取る施術方法になります。

鍼灸の効果

 

当院では、女性に多いお悩みの冷え症、月経痛、便秘や下痢、めまい、不眠、神経痛、慢性痛などの症状に対して問診や腹診・脈診を丁寧に行い女性の鍼灸師が施術していきます。

辛い症状や悩みが続くと、諦めてそのまま放置しておくこともあると思います。

その放置している時間が長くなれば長くなるほど、身体は更に頑張りすぎて疲れてしまい、新たな症状が出てしまったり、治りづらくなったりしてしまいます。

現代医療でなかなか辛さや痛みが取れないとお悩みの方、あきらめずに是非鍼灸施術をお試し下さい。

鍼灸の効果や適応疾患については下記内容をご覧ください。

 

よくある質問 

1.鍼は痛くないの?

鍼施術で使用する鍼はわずか0.2ミリ程度で髪の毛程度のとても細い鍼を使用していきますので基本的にはほとんど無痛刺激となります。

 

乾燥が強いと肌が敏感になっている為、チクリとすることもありますが注射に比べると痛みはかなり少ないものになります。

 

また刺さない鍼もあり刺されるのが怖いという方は遠慮なく仰って下さい。

顔の鍼

 

2.お灸は熱いの?

当院では、ほんわりあたたかい心地の良いお灸で施術を行っておりますので、お灸が熱すぎたり火傷してしまうなどの心配もありません。

お灸の風景

 

3.副作用はあるの?

お薬のような副作用はありません。

鍼灸後は一時的に色々な症状が出ることがありこれを東洋医学では瞑眩 (めんげん)と言いむしろ効果の現れる証(あかし)とされています。

 

また、鍼をした際に刺した部分に重だるさを感じることがあります。この感覚は鍼の効果の一種です。

 

通常、この重だるさはすぐに取れていきますが、まれに数日間残ることがあります。

 

これらの反応は体が良くなる方へ変化する過程で起こるものですのでどうぞご安心ください。

 

4.鍼灸を受けるのに良い悪いってある?

鍼灸は、複数の辛さや不調を感じる方には是非受けていただきたい施術です。

良い点

・身体本来の自己治癒力を高められ、薬に頼りすぎない身体作りが出来る。

・血流や免疫力がアップ。

・素早く痛みを抑える効果がある。

悪い点

・『鍼』が苦手、怖さがあって緊張してしまう。

・鍼を刺した際の響き『ズーン』とくる感覚が痛いと感じる方もいらっしゃいます。

・内出血の可能性。

(ずっと残ることはなく1・2週間で消えていきます)

 その他、ご相談やご質問などありましたら遠慮なく当院の女性鍼灸師へお問い合わせください。

 灸の効果 

  血流改善と鎮痛効果

 2 自律神経 (交感神経と副交感神経) の調整と鎮静

 3 ホルモンバランスを整える

 4 免疫力向上

鍼灸腰への施術

 

使用する鍼やお灸について 

使用するのはディスポーザブル鍼といって使い捨ての鍼を使用していますので衛生的に安心して受けて頂けるものになります。

 

太さは髪の毛程度の細い鍼になりますが、刺されることに怖さがあるという方でも受けられる接触鍼( 皮膚に触れるだけの鍼 )もございます。

 

また、お灸はほんのり温かいお灸で熱くなく刺激していきます。

 

鍼灸施術が初めてで少し不安があるという方でも優しい鍼と灸で施術できますので、お気軽にお問い合わせください。

刺さない鍼

 

初めての方へ  

 1.受付

ご来院になりましたら今のお辛い症状について予診票の記入をお願いしております。

2.お着替え

施術ベットにてお着替えをお願いしております。

鍼灸着替え

3.問診と検査

当院では、女性の鍼灸師が施術を担当しております。

問診時、今のお辛い症状やその他食欲や睡眠などの状態もお聞きしていきます。

鍼灸施術では症状以外のお身体の状態をよく聞き取り、施術を行っていきます。

鍼灸施術内容

また、症状の改善を図る為に脈診や腹診によって五臓六腑のバランスを確認し施術に役立てていきます。

経絡治療 脈診

鍼灸 東洋医学 腹診

4.施術

問診検査後、手足のツボやお腹のツボなどに鍼やお灸を使用して身体の回復力を高めるような施術と局所の施術を行います。

鍼灸施術が初めての方や怖さがある方も安心して受けて頂けるように刺さない鍼やほんのり温かいお灸も行っております。

鍼灸施術風景

5.施術終了

施術後の身体の状態をお聞きして、次回の来院頻度などについてお話をして終了します。

鍼灸施術の流れ

施術により水分代謝が高まります。施術前後の水分補給をしっかり行っていただけると体も良くなりやすいです。

また、施術後は動きすぎないようにゆっくり過ごしていただ食事や入浴は施術の前後1時間ほど間を空けていただけますと効果がしっかり得られやすいです。

  

  鍼灸適応疾患  

【神経系疾患】

◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】

関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】

気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

※ ◎神経痛 ◎リウマチ ◎頚肩腕症候群 ◎頚椎捻挫後遺症 ◎五十肩 ◎腰痛は鍼灸の健康保険の適用が認められています。

 

 

院内風景

鍼灸:関連記事

03-6454-709003-6454-7090
TOP