• 予約優先・西荻窪駅から徒歩3
    03-6454-7090 03-6454-7090 東京都杉並区西荻北3-31-13 勝三ビル102
  • YouTube
  • 受付時間

BLOG

100歳からでも腰痛は激減させられる

2019.08.10

筋肉は、どんな人でも何歳になっても、動けば必ず鍛えられる

体操

 

加齢や運動能力に対する自信のなさから「どうせ、私がやっても」と考える方も多いのではないでしょうか。

 

 そこで、動き始める前に、心得ておいてほしいことがあります。それは、自分の体を信じること。筋肉は、どんな人でも何歳になっても、動けば必ず鍛えられるのです。

 

 

 100歳の双子で有名な「きんさんぎんさん」の成田きんさんは、なんと105歳の時にふくらはぎの運動を始めたそうです。およそ3ヶ月続けると、それまで自力で歩くのさえ困難だったのが、杖なしでも歩けるようになりました。

 

 

 多くのメディアで取り上げられた話なので、ご存知の方も多いと思いますし、腰痛の話ではありませんが、適切な運動さえすれば筋肉は何歳になっても応えてくれるという特性を理解しやすい例だと思います。

 

 

私が治療してきた患者さんの中には、70歳、80歳を超えた方も大勢いらっしゃいますが、背骨や骨盤のゆがみを整え、今まで使っていなかった筋肉(インナーマッスル)の使い方がわかると、46週間で腰痛が和らぎ始め、最初はキツかった動きもラクにできるようになっていきました。

 

 

腰は体の要なので、ここに痛みが生じると、何もする気が起きなかったり、集中力が持続しなかったりと、自分の体が自分を裏切っているような気持になることがあるとは思います。

 

 

しかし何もせずに痛みに耐えているだけでは、腰痛が良くなることは絶対にありません。

 

 

筋肉は、放っておけばどんどん減っていきます。

 

でも、ご安心ください。筋肉には「サテライト細胞」といって、何歳になっても増殖する細胞があるのです。これがあるかぎり、筋肉は何歳になっても、何度でもよみがえります。

 

 

こうして腰痛が消えていく

 

腰痛を起こしているのは、腰の骨と脳のふたつです。

このふたつに正しい対策をすると、あなたの腰痛はどのように変化していくでしょう。

 

 

まず脳が増幅させる痛みを「出身地を知る」ことで小さくします。腰が痛いとき、みなさんの腰の中で、どのようなことがおこっているのか知り、自分の腰痛の原因箇所を探っていくのです。これにより腰痛は「原因不明」ではなくなり、脳が無駄に痛みを拡大することもなくなっていきます。

 

 

 続いてインナーマッスルを鍛え、強い腰をつくることで、骨からくる機械的な痛みを小さくします。

 

信じられない話も多いかもしれませんが、腰痛は知れば変わり、動けば変わるのです。

 

そして「知る」ことで、脳が増幅させる痛みを、「動く」ことで骨からくる痛みを、それぞれ棄て去ることができれば、今とはまったく違う生活が待っています。

 

参考文献:一生痛まない強い腰をつくる 金岡恒治著

 

腰痛に関しては当ホームページの症状別『腰痛』ページにさらに詳しく書いてありますので、ご参照ください。

 

西荻窪きりん堂接骨院の腰痛コラム、今回は柴崎がお伝えしました!

 

このコラムによって西荻窪から腰痛で苦しむ人が少しでも減ることを切に願っております(^^)

 
ブログ一覧へ戻る
03-6454-709003-6454-7090
TOP